中国音楽と琵琶の音楽事務所【株式会社ヘレニズム】 中国琵琶について
中国音楽・中国琵琶の音楽事務所 ヘレニズム
会員募集会員募集アンケートアンケートサイトマップサイトマップ
コンサート情報 チケット情報 中国琵琶アーティスト アーティスト 無料視聴!中国音楽 会社案内 お問合せ HOME
音楽事務所ヘレニズムHOME > 中国琵琶について

中国琵琶について

ここでは、中国琵琶の構造、爪・弦の種類、曲種についてご説明します。

中国琵琶の構造

中国琵琶の構造は大きく、頭部、頚部、身体(胴)の3部に分けることができます。

中国琵琶の頭部

頭部も主に4つに分けることができ、
1、頭(海老尾)
「楽」の字、「龍」の絵などが美しく彫刻されます。
2、弦軸(転手)
弦を調整するもので4つあります。素材は主に、木、鹿の角、象牙など。
3、弦槽(反手)
空間で弦を反手に入れるとき使います。
4、山口(乗弦+乗竹)
弦を固定します。

中国琵琶の頚部

頚には「相」と呼ばれる6つのフレットがあります。木、鹿の角、牛の角、象牙などで作られています。

中国琵琶の身体(胴)部

身体部は果物の琵琶に似ているのが特徴。琵琶の音色の良し悪しを決める「面板」は壇木で作られています。琵琶の側面にあたるのが「槽」で、栗色系が多いようです。凸状に膨らむこの部分が、琵琶特有の音色を生み出します。面板の下部にある弦を固定する箇所を「腹手」です。

中国琵琶の爪・弦について

中国琵琶を演奏するときは、「バチ」ではなく「爪」を用います。爪は5本の指全てに装着します。調弦は固定調弦と変化調弦があり、固定調弦が中国琵琶の基本的な調弦法です。

爪の種類

今日の中国琵琶には、通常プラスティック、セルロイド製の爪を用いることが多いです。鹿の角でできた爪もあります。

爪の形

5本の指に装着する爪は、それぞれ異なります。指の大きさにあわせて爪の大きさが変えるのです。

中国琵琶の弦の種類

中国琵琶に用いる弦の種類は、金属、ナイロン、銀弦の3種類で、主に金属、ナイロン製が用いられています。銀弦が奏でる音は明るく、現代的演奏に適しています。ナイロンは暗い音色を出す特徴があり、古曲に向いています。

中国琵琶の曲種

中国琵琶の曲種は、古曲と現代曲に分類されます。

中国琵琶・古曲

古曲は「武曲」と「文曲」に分かれます。武曲はテンポが速く、音響も強いのが特徴です。戦いの場面を表現する曲です。「十面埋伏」が代表作。
一方、文曲は自然風景を表現する曲です。ゆったりとした速度で音も繊細です。代表曲は「陽春白雪」。

中国琵琶・現代曲

中国全土が開放された1949年から現代まで、多くの秀作が生む出されてきました。民族音楽、民謡、歌を編曲したものが多くあります。

中国音楽 琵琶の音楽事務所 株式会社オフィスK・E お問合せ